ジャガイモの育て方:種まきから収穫までを一挙公開【動画】

今日はジャガイモの育て方についての話です。ジャガイモは栄養価が高く、育てるのも簡単な野菜です。種まきから収穫までの手順を紹介します。

【芽出しの準備】
まず、2月に芽出しを行うための準備をしまう。用意するものは、ジャガイモの種芋です。種芋を選ぶ際には健康なものを選び、大きいものほど初期生育が良いです。

【芽出しの方法】
次に、芽出しの方法です。選んだ種芋を暗い場所に置いておき、芽が出るのを待ちます。芽が出てきたら、昼間の時間帯だけ日光に当てます。この時に、悪い状態の種芋を選別します。

【種まき】
次に、種まきです。種芋を植える際には、適切な深さや間隔を守ることが重要です。また、種まきの時期も大切です。土が十分に温まった3月に行うのがおすすめです!平均気温が10度が目安になります。霜が心配ですが、霜の降りる心配がないときには、早めに植えても大丈夫です。

【育て方】
ジャガイモを育てる際には、十分な日光と水やり、そして芽かきと土寄せがポイントです。植え付け後、芽が出てきたら芽かきを行います。大きめの芽を3本残して、ほかの芽は根元から取り除きます。残した芽と葉の間に新しいイモが出ますので、土寄せをして茎の部分を覆うようにします。また、雑草の管理も忘れずに行いましょう!

【病気や害虫の対策】
続いて、病気や害虫の対策です。ジャガイモは病気や害虫にかかりやすいので、定期的なチェックと予防が必要です。対策方法もしっかりと覚えておきましょう!

【収穫】
そして、待ちに待った収穫の時です!ジャガイモが十分に育ったら、収穫する準備をしましょう。タイミングを見極めて、慎重に収穫しましょう!葉が黄色くなり枯れてきたら収穫のタイミングです。晴れた日に収穫します。掘り上げたイモは半日程度、天日で乾かしてから集めます。

【保存】
最後に、収穫したジャガイモの保存方法です。収穫したら、速やかに涼しい場所に保管し、新鮮さを保ちましょう!風通しの良い日陰で保存します。

ジャガイモの育て方は意外と簡単ですよね!ぜひ、挑戦してみてください。

もっと詳しく知りたい時には、こちらをご覧ください

朝どり自然農園から野菜の育て方をやさしく解説

初心者でも出来るじゃがいもの育て方のコツ

この記事を書いた人

エンルック
ホームページ制作会社をしています。最初は小さなページから段々と大きくしていくホームページ制作を得意としています。集客についてや、スマホのサイトなど、インターネットに関することなら何でもご相談ください。格安でスマホを使う方法も教えます。
千葉市緑区誉田町2ー2ー883
株式会社エンルック
Tel:043-309-7447
URL:http://enluc.jp/
(Visited 9 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »